会社の起業に向けたフリーランスの位置づけ

将来の目標としてIT業界で会社を立ち上げて成功し、巨額の富や名声を手に入れたいという人は少なからずいます。
シリコンバレーでのIT系ベンチャー企業の成功談は数多く、日本でアメリカンドリームを夢見て日々邁進するという道があるのです。

そういった際に典型的となっているキャリアパスは、まずは企業に就職して勤務し、転職してフリーランスを行い、あるタイミングで起業を行うというものです。
これは理にかなっており、企業で仕事を行うことによってキャリアを積むと同時にIT業界における人とのつながりを広げることができます。そして、フリーランスとしてその人脈を広げていくことができ、個人事業とはいえ開業した際に必要となることを体験することができます。
こういった企業で培ったスキルを活かして会社を立ち上げれば、滑り出しが順調になる可能性が高いと言えるでしょう。

しかし、フリーランスの経験は成功のために必ずしも必要ではありません。
企業に勤めている間に十分なつながりを作ることができれば、仕事を始めた際の取引にも苦労しないで済む可能性が高いからです。
また、起業する際のアイディアについても、企業に勤めている方がより最新の業界情報にアクセスしやすいため、構想を練りやすいというメリットがあるのです。
会社の運営も個人か複数人かということで視点が異なり、一度フリーランサーとならない方が全体を見る視野が保たれる可能性も高く、直接起業するのもよい手段なのです。

これからフリーランスとして新たな道を進まれるのなら、まずはコチラのサイトを参考にしてみるのもいいでしょう◆http://freelance-hajimenoippo.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>