会社にいる間がフリーランス準備の最適期間

高収入を得られる生活をしていくための方法としてフリーエンジニアになるというのは良い手段です。フリーランスを始めて仕事を獲得していくためには実務経験を豊富に積んでいることが重要となるため、まずは就職してキャリアアップを図るというのはそのための王道と言えるでしょう。しかし、フリーランスをすることを念頭において会社勤めをするのであれば、ただ単に経験を積むためのものと考えてしまうのはもったいないと言えます。

企業ではその事業をいかにして成功させていくかという事業展開に関するノウハウが隅々に存在していることから、起業した際に参考になることが多数あります。それに加えて、IT業界で生き抜いていくために必要な準備をするためのリソースが豊富である点にも注目しておいた方が良いでしょう。

会社の代表として他の企業との接触をする機会にも恵まれ、人脈を広げていくためには企業の後ろ盾を利用できます。また、事業を展開していく方向性を見定めていくために市場の動向の解析も頻繁に行われているため、そういった情報にアクセスしやすく、自分が事業を起こしていく際に参考になる情報を蓄えていくことができます。

また、教育に熱心な企業では最新の動向について知ることができるセミナーの開催や、実施されている勉強会への参加の機会を与えてくれる場合もあります。そういったフリーランスを始めるための下準備が行いやすいのが会社勤めの期間なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>